初めての恋人は誰もが物覚えに鮮明に残している物

私の初めての女房はハイスクール2年生の春。
ベストフレンドの紹介で仲良くなって、付き合った。
全部が初めてで、目新しい風情か好物でとても歓びだった!特に紛争する事も無く、お互いの親も仲良くて、あーこんな人間と成婚できたらなんてなんも知らない僕は思ってた。世間人間になってお互いに19にもなって、案外大人間になってきたある日、女房の携帯が鳴った。マミーからの電話、ライン。
公正信じたくはなかったけど、私の知らない企業で浮気されてた。びっくりして泣き崩れたけど、女房には携帯鳴ってたよ?しか言えやんくて辛くて、2太陽目線の朝、女房に正直に聞くと、え?バイトの子供しか言わんくて、まだ不貞と決まった動機ちゃうし思って、女房を信じた。2年半になってリングもかってくれて、歓びだったのに土産太陽の翌日、離別よって言われて、唖然。公正何が起きたのか何を言われたのか分からんくて、ただ泣き崩れた。実質、僕以外に3人間の子供と浮気してて、僕が邪魔で仕方なくて、リングも最後の経験にって風情やったらしく、それを淡々と話された僕。もう、何も言い返すことができなくてただ泣きじゃくった。以後と、あの場合もっと俺が強くて、もっと言えてたらよかったんかな?とかいっぱい思ったし、自分を攻めることしかできやんくて、自分を傷つけたりもしたし、周りの話も聞こうとしやんかった。けど、目下思えば別れてよかったし、その時の彼がおったからいろんなことを知れたなってほんとに展開さしてもらったなって思う。

3回も浮気されてて、陳腐やけど、私のしている時では有難うって気持ちでいっぱいだ!闇金の相談を無料でしてくれるところは?